初心者でも簡単に理解できる!運送システムのクラウド化における基本知識やメリットを紹介

運送システムとは、物流を管理する上でのトラックからそれを運転するドライバーまでの動きや荷物の搬入状況を一元管理することができる機能です。
これをすることで徹底的に無駄を省き効率化するという方向性と、ドライバーに無理な負担をかけないという両方を実現することが可能です。
特に物流は様々なインフラを支えており欠かすことができないものなのと、近年ドライバー不足が深刻化しているという点から導入が加速しているのです。

初心者でも簡単に理解できる!運送システムのクラウド化における基本知識やメリットを紹介

とはいえ運送システムを自社で導入するとなると、莫大なコストが発生してしまいます。
このような場合クラウド型のサービスを利用すると様々な企業がシェアする形になるので、コストを抑えられます。
中小零細の運送会社でも、クラウド化が可能になることでしょう。
使い勝手も配送の契約受注から荷物をトラックに入れ輸送し目的地に運ぶまでを、細かく管理することで今荷物がどこにあるのかや到着予定日まで詳細を管理できるようになります。

コンプライアンス遵守や安全配慮義務の観点から運送管理システムの改革が求められている!

近年、ますます運輸業界の利用頻度は店舗同士の運送だけでなくECサービスの発達などに伴い増加しています。
ですので運送を職業としている方々にとりましては、サービス提供の場所までの移動・配達指定時間などの時間が厳守されている場合は、通常運転する交通安全に加え時間も気にしなければなりませんので緊張感も増し疲れも増えることになるでしょう。
タイトルにありますように、事故が起こってからでは遅いので業界全体の考え方の改革などが求められています。
まずは運転手に対する「安全配慮義務」が雇用主に課せられましたので、その義務を果たすために運送管理を見直すことが必要です。
その実現のために利用できる1つが「運送管理システム」にあたり、必要に応じたサービスを選ばなければなりません。
この場合は届け先までの車両の稼働時間・走行距離などの効率を上げ、安全な道路を見つけることが大切ですので「簡易ルート」・「詳細ルート」に加え、車両の配送範囲がわかる3種類のルートを表示できるシステムを導入することが重要となります。

運送管理システムをクラウド化する企業が増えている実態について

昨今トラックによる居眠り運転や、幼稚園児の列に突っ込んで死亡事故を引き起こす事件が後を絶ちません。
そこで警察などによって各企業に通達が言い渡され、飲酒運転防止や交通安全の徹底をより一層強化することが求められているのです。
企業にとっても社員やドライバーに対する安全配慮義務や、安全運転管理の責務があるのです。
その一環や対策として、運送管理システムをクラウド化する企業が非常に多くなっています。
運送管理システムをクラウド化すると、安全管理が徹底されるようになるのです。
それはドライバーの運行状況をドライブレコードやクラウドによって徹底管理でき、危険因子を早急に排除することが可能になるからなのです。
運行状況なども瞬時にクラウドで情報が皆で共有されるようになり、進捗状況の把握で効率をアップしたり、適切な配車や時間厳守なども実現できるようになっていくのです。
最も運送管理をクラウドにすると、勤怠管理も一緒に出来ます。

クラウドの運送管理システムの構築費用やランニングコストについて

クラウドの運送管理システムは、導入のしやすさから前向きに検討する企業が少なくないですが、構築に必要な費用やランニングコストは無視できないのではないでしょうか。
クラウド運送管理システムは元々コストが低いという強みを活かし、初期費用なしで利用できるサービスが少なくないです。
初期費用が発生する場合でも1万円台で済むことが多く、月額費用も1万円台とランニングコストが低いサービスは珍しくないといえます。
構築費用は導入支援やサポート体制にもよりますが、やはり低価格で負担が抑えられるようになっています。
例えばオプション扱いで時間料金制を採用していたり、初期費用に構築に掛かるコストを含むサービスも多いです。
運送管理をパッケージで提供しているサービスは、最初に掛かるコストが高めではありますが、それでも年間に発生する程度の常識的な金額に収まります。
運送管理はコスト的にも導入しやすくなっていることが分かりますし、導入を検討している企業はそろそろ比較検討して決めても良い頃ではないでしょうか。

クラウドの運送管理システムのセキュリティ対策や保守管理費用について

クラウドの運送管理システムのセキュリティ対策や保守管理の費用ですが、これは基本的にはそのアプリケーションの利用料に含まれており、その運送管理アプリケーションを導入している企業自身が行うような必要はありません。
サービス提供会社がその責任の下で行うことになります。
そもそもクラウドとはこの意味合いも含んでいるものであって、自社内で専用のアプリケーションを構築したりするものではありません。
もしそのようなことをすると、それは自分の会社が所有するアプリケーションなのですから、導入のみならず保守やセキュリティ対策についても自分たちの責任で行わなければならなくなります。
ですが、クラウド上のアプリケーションはいわば共同利用であって、それが可能なようにサービス提供会社が必要な保守とか対策も行うことになっています。
もちろんコスト的に無料でできるはずはありませんが、オプションなどではなく基本サービスに含まれるべきものですから、月額利用料に含まれることが普通です。

運送管理システムのクラウド化で得られるメリット①社員全員で情報共有が簡単にできる

運送管理システムのクラウド化で得られるメリットの一つに、社員全員で情報共有することができるという点があります。
たとえば長距離輸送で荷物を送る場合到着時間がいつになるかが課題になります。これを社員が見ることができると、いつ待機していればよいのかが把握できるようになり効率化に貢献します。
ドライバーの配置や差配も、最適化されるためも発注の際にすぐに求められるような対応が鹿野になることでしょう。
ノウハウなどの情報も提供できれば、渋滞状況によって迂回したり裏道を紹介してもらったりとさらに効率の良い輸送が可能となります。
管理面に置いても稼働状況が読みにくいドライバーであってもGPSなどを利用した現在位置の把握や、勤怠管理も可能になるので便利です。
運送業は慢性的な人手不足といえども長時間労働の環境では無いことと、環境の良い状態であれば新規ドライバーも求人に応募してくるというようなよい循環が起こるのです。

運送管理システムのクラウド化で得られるメリット②勤怠管理も同時に行え安全管理を徹底

運送管理システムを経てクラウド化することで、これまで実現できていなかった様々な機能を導入することができる場合が少なくありません。
その中でも特に広く利用されているのが、勤怠管理の仕組みです。これまで多くの運送会社ではドライバーの管理は本人の自主的な対応に任せているということが多く、運行記録そのものを利用しているということも少なくありませんでした。
しかし本来これらは労働基準法によって厳格に管理されなければならないものであるほか、実際の安全な運航を支える上でも重要なポイントとなっています。
出社してすぐに乗務する事は精神的なリスクが高いため、一定の休憩時間を持たせるといった管理もきめ細かくを行えるようになるのがポイントです。
近年ではドライバーの業務が過酷になり、そのために注意力散漫による事故も多数発生しているのが実態です。
これを排除するために運送システムのクラウド化を導入することによって、勤怠管理と運行管理を同時に行うことができるようになり、乗務時間の実態を知ることができるので安全管理にもつながるメリットがあります。

運送管理システムのクラウド化で得られるメリット③到着時間厳守が実現し適切な運転割当て

昨今企業の多くで運送管理システムをクラウド化する動きが顕著です。これは最近非常にドライバーの居眠りや飲酒運転により甚大な事故や死亡事件が多くなってるからなのです。
これを導入すれば、ドライバーの安全管理を徹底させることが出来るのです。ドライブレコーダーからの情報も瞬時に受けることができ、運行状況や進捗の状況もデータを一元化して社員みんなで共有することも可能となります。
すると到着時間厳守が実現し適切な運転割当てもできるようになり、メリットが非常に大きいわけなのです。
進捗状況や歯運行状況が一目で管理できるようになると、無駄な人員配置や配車などがなくなっていきます。
時間厳守なども徹底していくことができ、お客様に向けたサービス向上にも直結していきます。
クラウドの運送管理システムは勤怠管理ソフトとも連動がか可能です。勤怠管理も一緒に簡単にできてしまい、さらなるドライバーの管理と休憩時間の監視なども徹底することも出来ます。

運送管理システムのクラウド化で得られるメリット④配送効率の向上や改善が容易

少子高齢化の影響で人手不足になっている業界が多くあります。運送業もその一つで、少ない人員で頑張っているところが多いのが現状です。
そこで、運送管理システムのクラウド化をおすすめします。配送効率を向上することができますし、問題や課題をすぐに把握できて改善することに繋げられることもメリットです。
従来の管理方法より負担が少ないため、効率よく業務をしたいと考えている企業に適しています。
ただ、管理システムのクラウドも様々なものがあるので、よく比較した上で選ぶことが重要です。
どれも大体同じだと考えて費用の安さで決めてしまうところがありますが、それは間違った選び方になります。
導入する企業に適した機能が付いていたり、初心者でも使いやすいことを重視するべきです。
費用の安さだけで決めてクオリティの低いものを導入してしまえば、クラウドの恩恵がほとんど得られません。
何のために導入するのかを考えて決める必要があります。

運送管理システムのクラウド化で得られるメリット⑤データ分析が簡単で事故防止に貢献

運送管理システムを活用し、データ分析を行うことは様々なメリットをもたらします。
例えば長距離輸送の場合だと、ドライバーへの負担が大きく拘束する時間も増える傾向にあります。
特に納期が厳しい場合、休む時間を惜しんで運転するため事故率が高い傾向になるのです。
このような分析結果が出た場合、途中でドライバーを交代させたり納期を適正化することで事故率を減らすことも可能になるでしょう。
人手不足やなり手不足などによって、運送業は慢性的な人手不足の状況にあります。
そうするとどうしても一人あたりの業務が増えたり、一人のドライバーに集中したりばらつきが出ることもしばしばです。
これらの業務のばらつきを平準化するこども、システムを通じた管理で可能になりますし分析を行うことでより改善されます。
勤怠管理機能やGPSによるトラックの位置情報を組み合わせることでも、適正な人員配置や輸送の状態も把握できることも可能なため一挙両得になるなです。

運送に関する情報サイト
運送システムのクラウド化における基本知識

運送システムとは、物流を管理する上でのトラックからそれを運転するドライバーまでの動きや荷物の搬入状況を一元管理することができる機能です。これをすることで徹底的に無駄を省き効率化するという方向性と、ドライバーに無理な負担をかけないという両方を実現することが可能です。特に物流は様々なインフラを支えており欠かすことができないものなのと、近年ドライバー不足が深刻化しているという点から導入が加速しているのです。

Search